採用情報

オフタイムHAGIHARA

2016.02.22製品作りの工程紹介その1(ヤーン工程)

ヤーン工程紹介


 萩原工業製品の核となるフラットヤーン。今回はこのフラットヤーンを製造しているヤーン工程を紹介いたします。

 

 まずは主原料となるポリエチレンやポリプロピレンなどのプラスチック原料(写真①)を準備し、熱で溶かしたあとフイルム状にします。

 

 次に、できたフイルムを糸状にするためスリットします(写真②)。これにより、製品規格等によって異なりますが1ラインあたり20本~300本のフラットヤーンを作ります。

 

 そしてフラットヤーンを強力にするためのフラットヤーンを伸ばす工程(写真③)を経て、出来上がったフラットヤーンを巻く工程(写真④)で紙管等に巻き取ります。

 

 こうしてできたフラットヤーンは、そのまま人工芝などの糸(写真⑤)や、ハンディーモップの糸(写真⑥)として出荷されるもの、社内の次工程に出されてブルーシート等の製品に変わります。

 

 また、萩原工業が大事にしている中核技術「切る」「伸ばす」「巻く」は全てヤーン工程が基となり、この技術を応用することでエンジニアリング事業の産業機械も作り出すことができています。

 

 次回はフラットヤーンを織機で織る工程を紹介いたします。


  • ▲①主原料となるポリエチレンやポリプロピレンなど

  • ▲②フイルムを「切る」ことで糸状にする

  • ▲③「伸ばす」ことで糸を強力なものにする

  • ▲④できた糸を「巻く」

  • ▲⑤人工芝

  • ▲⑥ハンディーモップ

ページの先頭に戻る